無料カウンター

タイトル画像

爬虫類と多肉植物の紹介

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のりたまは産卵箱をけっこう気に入ってくれているようで

晩の霧吹きのあとは

必ずここに入ってくれます

上の窓からこんにちは~しているのが

可愛いので写真とりましたが

分かりにくっ
090331_013345.jpg
いつもにっこり笑顔ののりたまさん♪
スポンサーサイト
先日気持ち良さそうに日向ぼっこをしていました

マイペースの癒し隊長、スティーリーは

毎日元気です
090313_101441.jpg
「気持ち良かね~♪」
13日に病院に連れていったのりたま。

「寄生虫の疑いがあるので、う●こをしたら

持ってきてください」

とのことで、先週の木曜にしてくれたので

持って行きたかったのですが

そこの病院、木曜休診で翌日も祭日でお休みだったため

サランラップに包んで2日間置いてました。

そして土曜に持って行きました。

結果は・・・

虫はいませんでした

やはり私がにらんでいたとおり

脱皮不全で足指を失ったショックやら

寒かったりとかが重なって

便秘のようです

本人まだご飯食べてくれませんが

地道に※特製ヨーグルトを少しだけ1日置きに

食べてもらっています

4ヶ月もろくに食べていないのに

元気なのですが、やはり痩せてきており

尻尾の栄養を使い果たす前にご飯を食べるようになってほしいです。

看病がんばります

注:虫とかゲテモノNGの方はここより下は読まないでね♪



















※特製ヨーグルト
明治ブルガリアヨーグルトにカルシウムパウダー、日替わりで
コオロギとハニーワームの内●をミックス
たまにビタミン&ミネラルパウダーもミックス

昨日亀友達のtammyさんから

嬉しい品が届きました

tammyさん家の押入れで眠っているよりも

と思われて、ヒョウモン飼いのワタクシに

お譲り下さいました

チョコエッグのおまけのヒョウモン(ノーマル&ハイイエロー)と

ニホンヤモリ(幼体)です♪
090319_142623.jpg
これ欲しかったんですよ~

090319_144411.jpg
早速店の亀棚に飾らせていただきました♪

tammyさんありがとうございました^^大事にします。
やっと気持ちの整理ができたので・・・

ヒョウモントカゲモドキのハマチが

1年という短い生涯でしたが

13日深夜に亡くなりました。

ここ10日ぐらい全然元気がなく、あまり餌も食べなくて

常にしんどそうにぐったりしていました。

でも太っているし、気にはなっていたのですが

寒さのせいでちょっと拒食気味かな?

ぐらいに考えていました。

でも、最近は腸閉塞なのかもしれない・・・と考えていました。

うちにはのりたまという、もうかれこれ4ヶ月も拒食状態が

続いている子がいます。

この子が12日に下血しました。血便なのかな?

この子の拒食も寒さのせいかと思っていたのですが

さすがに病院に連れていかねば!!と思い、翌日ついでにハマチも

診てもらおうと2匹を連れていきました。

車中でものりたまは元気なのですが

ハマチはずっとしんどそうにしていました。

病院で診察してもらった結果、ハマチのお腹には沢山の卵が出来ていて

産む前は餌を食べなくなる、産卵床を作ってあげて様子をみてくださいとのことでした。

のりたまはもしかしたらお腹に寄生虫がいる疑いがあるけど、う●この検査を

しないと分からないとのことで、う●こが出たら

病院に持って行って検査をしてもらいます。



2匹を家に連れて帰り、ケージに戻してあげてから

実家にいきました。それから帰ってきたのが晩の11時半ごろだったかな・・・

旦那がハマチの異変に気付きました。

前にも増してぐったりして、体は冷たくなっており虫の息でした。

それから旦那と二人で体を温めたり、お湯を飲ましたりしました。

苦しそうに大きな口を開けたり、少し動いたりしていましたが

最後は眠るように旅立っていきました。



亡くなった原因は、おそらく卵詰まりではないかと思います。

もっと早くに産卵床を用意してあげてたら

無精卵でも産めていたかもしれないのに

他にも、あぁすればよかった、こうすればよかったと

悔やまれることは沢山あります。

それに病院への行き帰り、検査などいろいろされたのも

ストレスになってしまったのでしょう。

まだ1年という若さで卵が無事産めたかどうかも分かりませんが

卵を産む場所がなくて産めなくて死んでしまったのなら

やはりワタクシがちゃんとお世話できていなかったのです。

悲しくて可哀相で申し訳なくて一晩泣きました。



ハマチは自分の身をもって沢山のことを教えてくれました。

♀のケージにはいつでも産卵ができるように産卵箱を

常設しておいたほうがいいこと、お腹が大きくなってきたら

卵が出来ている可能性が高いこと、産卵前はそっとしておいてあげること・・・

教えてもらったことを生かすため

今日はのりたまとみかんのケージに産卵箱を設置しました。


ハマチは今は旦那の実家の庭に眠っています。

きれいな子でした。

14日ホワイトデーになりたてぐらいに亡くなったハマチは

ブリザードという白い品種の子でした。

ありがとう、ハマチ。他の子達をどうか見守ってあげてね。

ハマチを応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
081219_124454.jpg
元気な頃のハマチ






先日の深夜の風景

赤外線ライトでポカポカするのが大好きなスティーリーさん

頭だけ陸場に乗せて寝てました

しんどくないの~
090307_011440.jpg
「ZZZZZ・・・」
ヒョウモントカゲモドキの脱皮中は

いつもおっとりな感じがイライラモードに変わります。

自分の口で引っ張って皮を剥くのですが

けっこう強引に「コンニャロー!!!

みたいな感じ(笑)

あと人間に手伝われるのは嫌がります。

あ~~もぅ~1人でできるから!!」って(笑)

つい最近はハマチが脱皮してました
090307_003657.jpg
不機嫌そうな顔(笑)
親知らず抜いたとこも落ち着いて

今日も歯医者に行ってきました。

けっこうかかりそうですねぇ~・・・

ま、でも歯は一生ものですからしっかりと治してもらう覚悟です(汗)




先月28日にオヤモドンが卵を産んでました。

発見したときはケージの床材の上に産み捨ててある感じで

床に面している部分はぺちゃんこになってたのですが

一応コップに土を入れ、土の上に置いて様子をみています。

多分、無精卵だと思います。

オヤモドンがうちに来てもう3年半ですが

卵を産んだのをみたのは2回目です。

以前は卵を産んでから病気になってしまったので

今回はちゃんとアフターケアしてあげようと思っています。




先日スティーリーの水換えを夜の12時くらいにしていたのですが

その後疲れて横になっているときに

スティーリーを外に出していたのです。

そしたらいつもはいつも同じ場所でジッとしている彼が

心配して顔を見にきてくれました

飼い主が生きていると分かるとさっさと元の場所に戻っていきましたが(笑)

嬉しいものです^^



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。